まずは環境に慣れさせよう

犬をペットとして飼う際にまずしなければならないのは、何といっても新しい環境に一刻も早く慣れさせるということです。人間もそうですが、犬にとっても突然環境が変わるというのは大変なストレスなので、いきなり撫でまわしたりせずに、なるべくそっと見守ってやる必要があります。以前の環境で使っていたエサ箱や毛布などがあれば、そのままもらってきて使うようにすると犬も安心できるのでお勧めです。なお、この時期の犬はストレスで体調を崩しやすいので、何か変だなと感じたら、早めに獣医に相談した方が良いでしょう。

トイレのしつけをしよう

犬は非常に頭が良い動物ですので、しっかりしつけをすれば決まった場所でトイレをしてくれるようになります。特に、室内で飼う場合には、トイレの場所を決めておかないと家中が大変なことになってしまいますので、なるべく早くトイレトレーニングをするようにしましょう。トイレシートに犬の排泄物の匂いを染み込ませておき、朝一番で犬をそこに誘導して用を足させるようにするとスムーズにトイレを覚えてくれるはずです。

食事の習慣をつけさせよう

犬が欲しがるがままにエサを与えると肥満体質になってしまう恐れがあります。そのような事態を避けるためには、食事の時間を決めて毎日決まった分量を与えるようにすべきです。成長に応じて分量は増やしていく必要がありますが、日によって異なることのないように、しっかりと管理するようにしましょう。

ワクチン接種を忘れずに

感染すると犬の命に関わるいくつかの伝染病があります。それらを予防するために、定期的なワクチン接種を怠らないようにしなければなりません。子犬のうちは頻繁に注射をする必要があるため、しっかりとスケジュール管理を行うことが大切です。

子犬販売をネットでおこなうことができます。ホームページ上に子犬の写真と価格、血統などを記すことで簡単に通販可能です。