ペットを飼う前に、ペットのことを知ろう

ペットを飼う上で重要なのは衝動的に購入しない、ということです。もちろん運命的な出会いによって「絶対にこの子をうちの子にする!」と即決することもあるでしょう。しかしその前に、飼える環境であるかをしっかり吟味しておかないと後悔することになりかねません。ペットを飼うにはどれくらいの費用がかかるのか、餌代や玩具、通院、ワクチン接種費用も通年かかります。ペットによっては気温の変化に弱く、飼い主の留守中はエアコンをつけっぱなしにしておかないといけないものがほとんどです。そのため、電気代もバカになりません。こうした費用を出せるのかもペットを飼う上で覚悟しておくべきものです。

ペット保険に入るかを決めよう

ペットの医療費は基本的に全額負担です。ワクチン接種くらいしか動物病院のお世話にならない、というのであれば良いですが、ペットの種類や個体によっては病気になりやすい子もいます。また人間同様、年を取るにつれて病気になる可能性も高まります。ペット保険は存在しますが、病気になってしまってからでは加入しにくくなるため、購入前にペット保険に入るかどうかを決めると良いでしょう。若いうちから加入することで、保険料も抑えられるケースが多いようです。

ペットを飼う上でのルールを決めておこう

ペットを飼うにあたり、室内で飼うのか室外で飼うのか、常にケージに入れるのか就寝時だけケージに入れるのか等、ルールを決めておいた方が良いでしょう。飼ってみないとわからない、と思うかもしれませんが、あらかじめどういう環境で育てるのかをシミュレーションしておくと安心です。ペットにとっても、日々飼い主の指示が異なると混乱します。また、家族がいる場合は家族間でもその情報を共有しておき、一貫性を持たせましょう。

ペットショップの営業はその地域が動物の飼育に適していることが売り上げを左右します。子犬販売なら東京が最適とされているのは人口が多い他、ペット可の賃貸物件も他の地域より多いためです。