つがいで飼うと子供がどんどん生まれて大変なことに

ペットショップでハムスターを購入する場合、雄と雌のつがいにしてしまうと大変なことになります。ねずみはたくさん子供を産むという話を聞いたことのある人は多いと思いますが、ハムスターもネズミの一種であり、やはり多産なのです。なにも手立てをせず、ずっと同じケージに雄と雌を入れておくと、どんどん子供を産んで収拾つかなくなってしまうでしょう。

したがって、できればハムスターは雄か雌の一匹だけ購入するのが正解といえます。ペットショップにあるハムスター用のケージには、ハムスターがたくさん入れられていることが多く、一匹だけだと寂しい思いをするのではないかと心配する人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

一匹だけで飼育する場合は冬の寒さに注意

ハムスターは基本的に縄張り意識が強い動物なので、同じケージに複数の個体を入れておくと縄張り争いでけんかをすることがわりとあります。したがって、その点でもハムスターを購入するなら一匹だけの方がいいのです。

ただ、一匹で飼う場合には注意しなければならないことが一つあります。それは保温の問題です。ハムスターはもともと砂漠に生息している動物で、寒い環境が苦手です。一匹だけだと仲間同士でくっついて寝ることができないため、ケージとともにハムスター用のヒーターを購入した方がいいでしょう。ヒーターを買う予算がないのであれば、新聞紙や藁をケージの中にたくさん入れておくのも有効です。寒い場合はその中に潜って寝ます。

子猫販売なら東京が良いです。やはり地方などと比較して、東京のほうが種類も多く自分の好みに合う子を見つけやすいです。