ペットショップで購入する

多くの人が最も想像するペットの購入場所は、ペットショップです。ペットショップで購入する場合には、ペット単体以外にも飼育するうえで必要となるペット用品もろもろもあわせて購入することができるという点がメリットとなります。また、ペットショップによっては動物病院やトリミングコーナーが併設されていることもあり、ペットに関する相談はすべてペットショップで解決することができることも多くて便利です。ペットショップでは血統書や保証付きのペットを購入することができるという点も特徴といえます。

ブリーダーから購入する

ペットはブリーダーから購入することもできます。ブリーダーとは、特定の種類の動物を増やすことを仕事としている人のことです。飼いたい犬種や猫の種類がすでに決まっている場合には、ブリーダーに連絡を取るほうが相性の良いペットと巡り合う可能性が高まります。ブリーダー同士のつながりもあるので、知り合いにブリーダーがいるのならば連絡を取って紹介してもらうとよいでしょう。

保護団体から購入する

ペットを購入する方法としては、保護団体から購入するという方法もあります。保護団体から購入すると、場合によっては無料や格安での譲渡となる可能性も高いです。ただし、犬種や年齢などがはっきりしないこともあります。また、子犬や子猫といった幼い段階から飼いたい場合には向いていません。人になつくようにしつけてあることもあり、人に慣れ、しつけが比較的簡単な段階まで来ていることも多い点がメリットです。ただし、保護団体から引き取る際には、飼い主として適しているかの審査があることもあるので注意しましょう。

マンチカンという猫種は不動の人気となっていますが、近年の子猫販売業界ではスコティッシュフォールドの人気も急上昇しています。