ペットショップで買う

ペットを買う方法の一つには、ペットショップがあります。全国各地にたくさんペットショップがあるので、どこに住んでいても利用しやすいというメリットがあります。ペットショップでは、店員さんからペットの育て方など必要な情報について詳しく教えてもらうことが可能です。また、ペットを購入する時に必要なペット用品を一緒に揃えることができるので、初めてペットを購入する人におすすめしたい購入方法といえるでしょう。

ブリーダー業者から買う

ブリーダー業者からペットを買うこともできます。ブリーダーは、ペットを飼育したり繁殖する業者のことです。血統書がついた純血種を飼育している業者もあります。また、ブリーダーの中には、購入に関して一定の条件を設定しているところがあります。ペットが快適に暮らせるように考えられているため、購入条件を設けている業者は信頼できます。購入前にブリーダーのもとに行き、きちんとした環境で飼育している業者なのか確認すると良いでしょう。

動物愛護センターなどから貰う

保健所や動物愛護団体から保護された動物を譲ってもらう方法もあります。保護団体から貰う場合、動物の費用は基本的には無料です。しかしペットを飼うにあたり、ワクチン接種や不妊手術などの費用は飼い主が払う必要があります。全ての費用が無料になる訳ではないので、予めかかる費用を確認しておきましょう。保健所などから動物を貰うには、譲渡前講習会に参加する必要があります。また近年では、保護団体のサイトから動物を選べることも可能です。

小動物の販売業者は全国にありますが、子猫販売なら東京都が最適とされています。東京は人口が多く住宅密集地でもあることから、室内で飼育できる子猫は他の動物よりも人気が高いのです。