灰や煙が出ないので周りを汚しにくい

一般的なタバコは火をつけて楽しみますが、燃えるときに灰や煙が出てしまいます。そのため灰皿が必要ですし、知らないうちに煙が周りの人にかかって不快な思いをさせるときもあります。受動喫煙の問題もあるので喫煙所での利用が基本と言えるでしょう。電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を加熱してその時に発生する水蒸気を吸って楽しみます。燃やすわけではないので灰は出ず灰皿なども必要ありません。タバコの煙のようなものが出ますがこれは水蒸気であって煙のような害はないとされています。一応煙草に比べると害は少ないとされていますがどこででも利用できるわけではありません。電子タバコにおいても一定のマナーが求められるので、注意しながら利用する必要があります。

ニコチンやタールなどの害がない

タバコが健康に良くないのは世界的に知られていて、タバコに含まれるニコチンの他タールなども病気になりやすい成分とされています。日本で販売されている電子タバコに関してはニコチン入りはないので、知らないうちにニコチンを摂取する心配はありません。タールはタバコの葉を燃焼したときに発生するのでしょうが、電子タバコは煙草の葉も使いませんし燃焼も行いません。ですからタールも発生せず体内に取り込む心配はありません。電子タバコはタバコに比べると健康への害が少ないとされていますが、新しい嗜好品であるためまだ問題点がはっきりしない部分もあるようです。できればリキッドの成分がはっきりしている日本製などを楽しんだ方がいいでしょう。

juul」は、アメリカ生まれの電子タバコです。リキッドを本体に取り付けるだけで使うことができ、様々な種類のフレーバーが楽しめます。10センチほどのサイズなので持ち運びにも便利で、USBで簡単に充電ができます。