ここは押さえておきたい!メガネ選びの基本

メガネを選ぶときにはいくつかの基本的なポイントがあります。まず、フレームの大きさは、縦幅は「眉からアゴまでの長さの3分の1」にし、横幅は、「顔の幅と同じくらい」にすること。フレームが大き過ぎたり小さ過ぎたりすると顔の大きさや目の配置が不自然に見えてしまいます。

次に、フレームの上部のカーブは、眉毛の形に沿ったラインに近いものを選びましょう。そうすると、顔に自然になじみます。そして、「自分の顔の輪郭とは違う形のフレームを選ぶ」ということも重要です。顔の輪郭と同じ形のメガネは顔の特徴を強調してしまうからです。

丸顔の人に似合うメガネは?

丸顔の人には、「スクエア」のようにカッチリとした印象のあるメガネが似合います。しかし、全体に丸みのある「ボストン」「ラウンド」などのフレームのメガネをかけると、丸い顔がいっそう丸く見える傾向があります。

面長の人にはどんなメガネが似合う?

面長の顔の人は、フレームの縦の長さがある「ボストン」や「ウェリントン」などのデザインのメガネをかけると、全体のバランスが良くなります。面長や卵形の顔の人はどのような形のフレームでも似合いやすいので、自分の好みの形を選べる得なタイプの人だとえいるでしょう。

逆三角形・四角の顔の人におすすめのメガネは?

シャープな逆三角形の顔型の人は、横に長い楕円形の「オーバル」のフレームが似合います。尖った印象のある「フォックス」タイプをかけると、キツいイメージになってしまいますから、注意。

直線的なラインが特徴の四角い顔の人に似合うメガネは、丸みを帯びたフレームのデザインのものです。たとえば、「オーバル」や丸みのある「ボストン」や「ラウンド」タイプなどです。「スクエア」のフレームは顔の四角さを目立たせるので避けましょう。

メガネは視力に合わせて一つだけ作るのではなく、用途別に作り、複数、所持することが大切です。運転をする時のもの、読書をする時のものといった様に使い分けると、眼の負担の軽減にも繋がります。