壁面緑化ってどんなもの?

暖かい季節を迎えると、よく耳にする「壁面緑化」。聞いたことはあっても、実際どのようなものかご存じでない方も多いのではないでしょうか。まず、壁面緑化とは文字の通り、ビルや建物の壁の部分を緑化するというものです。街中にある大きなビルの壁から、一般家庭の壁まで規模は様々ですが、壁に植物を敷き詰めたり這わせたりして、緑化しているものが一般的です。緑のカーテンなどとよばれることもあり、見た目にも自然の爽やかな緑を感じられ、人気です。

壁面緑化のうれしい効果

壁面緑化は、無機質になりがちな建物の壁を彩り、美しさや心地よさを感じさせてくれますが、効果はそれだけではありません。昨今は、地球温暖化、ヒートアイランド現象などの環境問題が課題となっています。壁面緑化は環境問題改善にもつながるという嬉しい効果があります。

壁面緑化を行うことで、建物の断熱効果を高めることができます。例えば夏の日差しが、壁に直接照りつけるのを防ぐため、壁の温度を低くキープすることができます。建物内の冷房などの効果も保ちやすくなるため、省エネで、電気代などの経費を抑えることもできます。

また、本物の植物は日中に光合成を行っており、その際に二酸化炭素を消費し、酸素を作り出します。その自然の営みが、空気の浄化作用を生み出しています。

環境問題は地球規模ではありますが、その解決には一人一人の努力も欠かせません。身近な場所の一つである会社や自宅の建物の壁の壁面緑化が、自分に実行できるエコ、環境問題対策の一歩になるかもしれませんね。

壁面緑化は自宅でも簡単に取り組むことができます。ゴーヤやヘチマは初心者でも育てやすく、実は食べることもできるので育てることに加えて食べる楽しみも味わえます。